ショッピング枠現金化借金

ショッピング枠現金化はキャッシングやカードローンのような借金ではありません。クレジット決済で商品を購入後、金額に見合ったキャッシュバックを受け取るサービスで、通常のネット通販と同じであり、利用残高のあるカードをお持ちなら誰でも利用できます。

ショッピング枠現金化はサラ金などのキャッシングの借金とは違う

ショッピング枠現金化 借金

クレジットカードショッピング枠現金化サービスはサラ金などのキャッシングのような借金とは違います。ショッピング枠現金化サービスというのは、現金化業者が指定するキャッシュバック特典の付いた商品をクレジットカード決済で購入して、その購入金額に見合ったキャッシュバックを受け取るという現金調達システムです。つまり利用者にとっては通常のカードショッピングと同じです。通常、消費者金融やカードローンの借金は信用調査機関のデータベースに利用履歴が登録されて金融サービス間でその情報が共有化されますが、クレジットーカード現金化サービスはこれらのデータベースに利用履歴が載ることはありません。

 

職業によってはこれらの履歴がマイナスとなることも懸念されますので、そういった理由で現金化サービスを利用される方々もおられる様です。ただ、消費者金融などの借金と性質が異なるといっても、購入した商品代金はカード会社に返済する必要はありますし規定された利息もかかりますので、体裁は異なれど結局は同じ様なものといえます。無理せずに計画的な利用を心掛けることが必要です。

 

長い人生様々な局面があります。どうしても緊急に今すぐ現金が必要といったこともあると思います。親兄弟や知人に借りれれば無問題でしょうが、誰からも借りることが出来ないしキャッシング枠も一杯な場合ですと急な現金調達も容易ではありません。現金化サービスはその様な場合に大変便利なサービスです。ショッピング枠残高があるクレジットカードをお持ちの方なら、学生・主婦・無職であっても誰でも確実に申込当日に現金調達ができます。

 

当サイトで紹介しているキャッシュチェンジは休日営業もしておりますので、楽天銀行のようなネット銀行口座をお持ちの方なら銀行取引休業日の土日・祝日であっても即日対応OKです。お手持ちのPCやスマートフォンなどで申込手続きは完結しますので、消費者金融で融資申込をする際の様にわざわざ店舗や無人機に出向く必要もなく、人と対面することなく自宅に居ながら即日現金調達ができます。当サイトでは、多数ある現金化業者の中から優良と判断した業者を厳選して紹介してますので、初めてで業者選びにお困りの方は是非参考にして下さい。

【解説動画】ショッピング枠現金化はキャッシングやカードローンのような借金?

 

このページの上へ↑戻る

優良業者ランキング1位サイトを見る>>

ショッピング枠現金化で借金の返済は危険!泥沼化しないためには

カード現金化 借金

いくら借金の返済に追われていると言っても、ショッピング枠現金化サービスで資金調達したお金を借金に充当させるのはかなり危険です。そんな事をしたら借金は雪だるまのように膨らみ、あっと言う間に焦げ付いて金融ブラックになり、差押えや自己破産などに陥るのは目に見えています。

 

現金化サービスはあくまでも一時的な資金不足に陥った時のみに利用すると割り切った方が良いと思います。そうは言ってもお金が無いからしょうがないと言われそうですが、本当にお金が作れないのか冷静に考える必要があります。本やCD・テレビなど家中探せばお金になりそうなものはありませんか。それをヤフオクなどで売ればそれなりの金額になると思います。これはどうしても売れないというものでも、お金が貯まった時にまた買えば良いので、廃盤や絶版などで手に入らないもの以外はすべて売ってしまえば良いのです。

 

そして親・友人や専門家に相談するのはその後でも構わないと思います。ショッピング枠現金化サービスは簡単手軽に審査無しでお金が調達出来るので、先の事を考えずに安易な気持ちで利用すると金融ブラックになる可能性も充分あり、利用する前に良く支払い計画を練る事をお勧めします。

このページの上へ↑戻る

【まとめ】

■ショッピング枠現金化は現金化業者(キャッシュチェンジ・プレスト・スターバンクなど)が販売するキャッシュバック付き商品をカード決済で購入し、商品代金に相応した金額を指定口座に振込んでもらうサービスです。

■ショッピング枠現金化は通常のネットで買い物をしたのと同じで、現金化業者からお金を借りる訳ではないので、信用情報機関に借金としての利用履歴は残りません。

■ショッピング枠現金化はショッピング可能なカードをお持ちなら、主婦やフリーター・契約社員やアルバイトでも、誰でも確実に資金調達する事が出来ます。当サイト掲載の優良店なら、楽天銀行やジャパンネット銀行・ゆうちょ銀行・住信SBIネット銀行などのネット銀行をお持ちなら土日・祝日・祭日でも即日振込してくれます。

このページの上へ↑戻る

現金化【体験談】

現金化 スターバンク 体験談

新潟県|匿名さん(失業中)

私は以前、コンビニで深夜のアルバイトをしていましたが、店が閉店したため現在は求職活動中です。少しでも、生活費の足しになればと、内職やフリマ、ヤフオク等に手を出すも中々うまく稼げずにいたんです。

そんな時、15万円もするある情報商材に手を出してしまいました。その商材は「ある某大手企業に、ケータイからメールを送るだけでお金が手に入る」といういかにも怪しげな商品だったのですが、何としてもお金が欲しかった私は銀行振込で購入してしまいました。届いた商品はやっぱり詐欺商材でしたが、この出費が後に大きく響き月末の支払いが出来なくなってしまいました。

キャッシングやカードローンは審査が厳しく、借入れは難しそうです。電話で友達に相談したら、「それならショッピング枠現金化すれば良いよ。」と言われ、「スターバンク」を紹介してくれたんです。スターバンクのサイトを開くと、ショッピング枠現金化についての詳細な説明が書かれており良く読むと、これなら今の自分の要求にぴったり合うサービスだと思いました。申込む前にキャッシュバック率が気になり、電話で問い合わせてみると「お申込金額にもよりますが、大体90〜94%くらいです。例えば、1万円の場合、9千円が口座に振り込まれ翌月の支払い日までに1万円を口座に入金していれば問題無いです。」といわれました。支払い方法について訪ねると「一括払い以外に分割払いやリボ払いにも対応しています。」と言われたので、それならリボ払いで支払えば当面の凌ぎにはなるなと思い申込みました。業者の方が迅速に手続きの処理を行ってくれたお蔭で、インターネット申込で当日に資金調達する事が出来ました。もう、情報商材には絶対に手を、出さないでおこうと思います。

ショッピング枠現金化 体験談

富山県|匿名さん(主婦)

子供の養育費のためにショッピング枠現金化のサービスを利用しました。普段なら数万円の余剰資金があるのですが、その時はたまたま大きな出費があって資金が足りなくなってしまったんです。

出先のためアイフォンしか持っていなかったんですが、すべての手続きがこれ1台で出来てしまったのです。クレジットカードは家族カードでも良かったんですが、後で夫にばれるとやっかいなので流通系の〇〇カードにしました。ショッピング枠残高は20万ほど残っていたので、10万円を現金化してもらいました。ネットバンクに口座があったため、5分くらいで振り込んでもらえる事が出来て、支払い日に間に合わせる事が出来ました。

専業主婦だと総量規制により、カードローンやキャッシングで借入れするのも難しいみたいです。ところが、ショッピング枠現金化は、商品を通販で販売しキャッシュバックされる仕組みのため、総量規制の対象外なんだそうです。審査の必要が無く、こんなに簡単にお金が作れるなんて、主婦の私には有難いサービスですね。後日、商品が送られて来ましたが、何とか夫にはばれずに済みました。あの時は本当に助かりました。担当の方にもお礼が言いたいです。

ショッピング枠現金化 体験談

福島県|匿名さん(公務員)

子供がお受験に合格し私立小学校に入学しました。学費に加え習い事や塾などで毎月ギリギリの生活をしています。

それに加え、親同士の交流で月1回は食事会があります。それもレストランなので毎回の出費が痛いです。ある食事会の時に夏休みを利用して皆で旅行に行く事になったのです。我が家は旅費を捻出出来ないので不参加としたいのですが、くじ引きで幹事を任されたので断れません。

どうにかお金を工面する方法を主人に相談すると、消費者金融から借りることは職業柄NGなので、ショッピング枠現金化のサービスを利用しようと言い出しました。お金を借りる仕組みでは無いので、信用情報に借り入れの履歴が残らないのだそうです。現金化業者といっても多数存在するらしく業者選びに苦戦していましたが、評判の良さそうな業者を見つけて申込みしました。運転免許証を写メで撮ってメールで送信したり、クレジットカードで商品を購入したりと電話で手続きの方法を聞きながら申込みを行っていました。全ての手続きを終え、およそ10分後、メールで「振込み完了しました」とメールがきてお金を工面する事が出来ました。旅行費用を手にした我が家は旅行のプランを考えました。成るべく予算を抑えられるように1泊2日のキャンプにしました。自然で遊ぶ事を経験し、子供達も大喜びで良い思い出になりました。

このページの上へ↑戻る

【用語説明】信用情報機関

信用情報機関

信用情報とはクレジットやローンなどの信用に関する情報で、支払いや返済状況・利用残高などの事です。クレジットヒストリー(クレヒス)などと呼ばれ、クレジットカード大国のアメリカでは、就職する時にもクレヒスが重要な選定基準になるほどです。

信用情報機関とは信用情報履歴を各種金融機関へ情報開示している機関です。加盟される金融会社から登録される信用情報を、管理し提供している機関の事です。

以上、「鞄本信用情報機構JICCのHP 信用情報機関の役割」から引用させていただきました。
信用情報機関にはJICCやCIC・全銀協などがあります。以下、主な信用情報機関をご紹介します。
@鞄本信用情報機構 JICChttps://jicc.co.jp/
ACIChttp://www.cic.co.jp/
B一般社団法人全国銀行協会 JBAhttp://www.zenginkyo.or.jp/

 

信用情報機関に履歴として残るのは、キャッシングの情報だけでなく買い物の情報も残りますが、その情報だけではショッピング枠現金化したかどうかは分かりません。疑わしきは罰せずでカード会社は、新幹線チケットなどの換金性の高いものを短期間に、よほど大量に買わないとカード利用停止になったりする事は無いようです。キャッシュバック型のショッピング枠現金化であれば、換金性の高いものを購入する訳では無く、カード会社には現金化した事実が分かりにくくなっています。ショッピング枠現金化を利用するには、安全確実なキャッシュバック型に軍配が上がるでしょう。

このページの上へ↑戻る

【コラム】クレジットカードの更新審査に要注意!

ショッピング枠現金化更新審査

クレジットカードを利用する上で注意したいのが、クレジットカードには有効期限があると言う事です。有効期限はクレジットカードの券面に印刷されているので、どのくらい期間が余っているかは都度チェックした方が良いです。有効期限が近付くとカード会社から封書やハガキが届くので、基本的にチェックする必要は無いのですが、もし支払いを滞納していたりする場合は話は別です。

 

何故かと言えば有効期限を更新する場合は更新審査があり、あまり支払い状況が悪いと信用が低くなり、その結果クレジットカードを更新出来ない事もあるのです。クレジットカードの更新審査で重要なのは、カードの利用状況や支払い状況・キャッシングの利用状況・リボや分割払いで枠を使い切っていないかなどです。クレジットカードの更新審査に見事パスした場合は、後日新しいクレジットカードが自宅に郵送されてくるので、古い方はハサミなどで切り刻んで捨てるようにした方が良いです。またクレジットカードの更新審査に落ちた場合は、封書かハガキ・電話などでその旨を伝えられる事になります。もしクレジットカードの更新審査に落ちた場合は、使えるカードが1枚減っただけと認識しない方が良いです。

 

クレジットカードの審査落ちの情報は、信用情報として残り信用情報機関を通して情報の共有化をされるで、次回新しいクレジットカードを作ろうと思っても、審査に通りにくくなるので要注意です。

このページの上へ↑戻る

ショッピング枠現金化ガイド|トップ頁へ戻る

★★当サイト申込実績2年連続ダントツNo.1★★

↓       ↓       ↓

キャッシュチェンジ申込 YL



ページトップへ 優良店ランキングを見る